2018年11月一覧

ルームシューズはガーター編みが簡単で最適!夏も冬もデザイン同じで素材を変えるだけ?

このルームシューズは、ほぼ正方形に編んでとじるだけでできます。 今回はガーター編みにしましたが、裏表が同じになるならガーター編み以外でも、鹿の子編みなどでもいいのでは? 折り返しの部分が特徴的で、なんとなくメルヘンチック。 正方形の編地を指定通りとじ付けるだけでこんな不思議な方になるなんて、マジックです!

自転車のかごカバーは手作りが簡単!100均のカバーを利用する方法とは?

自転車の乗り始めた頃は、前かごだけで十分だと思っていたのだけど、買い物のケアが入るようになってから後ろかごの必要性を強く感じるようになりました。 そして取り付けた後ろかごは、今では公私ともになくてはならないものになりました。 でも、かごにはカバーが絶対に必要です。 百均のかごカバーはすぐに角がすり切れてしまうので、自分でかごカバーを手作りするようになりました。 今回はミシンのない私が手縫いして作った、自転車のかごカバーをご紹介します。

くるみボタンに刺繍がしたくてダイソーのキットを使って遊んでみました!

くるみボタンは今や服や小物に使うだけでなく、ブローチやヘアアクセサリーにも使える主役クラスのアイテムです。 しかも、くるみボタンを作るために必要なキットは、ダイソーなどの百円ショップで簡単に手に入れることができます。 今回は、手軽に作れるくるみボタンに刺繍をして遊んでみました。

ダブルフックアフガン編みの巾着は簡単にできてプチギフトに最適!

手編みで小さなものを編んでいると、短時間で編めるし、そもそも簡単に編めるものが多いので、ついついたくさん作りたくなってしまいます。 それに余り糸の整理にもなるし、大きなものを編んでいるときの気晴らし?にもなります。 今回はアフガン編みの巾着袋を編んでみました。 ダブルフックで編んだリバーシブルの小物入れです。 できるだけ小さく小さく編んでみようと思ったのは、小さく編むことで、いつもの編地が存在感を主張するからです。

ルームシューズの作り方 一番簡単な棒針編みで作ってみました

足元の冷える季節になるとルームシューズが欠かせません。 特に、仕事先でもソックスの上に履いて訪問先を気兼ねなく動き回ることができるルームシューズは、簡易スリッパと違って、履きっぱなしで動けるのでとても重宝します。(ちなみに筆者は訪問介護の仕事をしています) 持参のスリッパを脱ぎ履きしていると、訪問先によっては違和感を持たれることもあるので、履きっぱなしのルームシューズのほうが(一度履けば)目立たないのですね。 今回、特に仕事用というわけではないのですが、真っすぐ長方形に編むだけの、本当に簡単なルームシューズを作ってみました。多分、あなたも目にしたことのある形だと思います。

うすくなった靴下の補修はフェルトでチクチクが一番簡単!

今まで靴下がうすくなって穴が空きそうになったり、実際穴が空いてしまったとき、いくらお気に入りのくつ下であっても捨てる以外の選択はありませんでした。 靴下の穴に当て布をして埋める方法も考えたこともありますが、足先に違和感があるだろうし、うまく仕上げないと足のストレスになります。 でも、この方法ならそれほど違和感もなく履き続けられそうです。しかも、簡単! 今回は、うすくなった靴下をフェルトを使って補修する方法をご紹介します。

編み物仕上げのブロッキングに水通しの必要性は?

ブロッキングという言葉を知ってからも、アイロンのスチームで形を整えることはしても、水通しまではあまりしませんでした。 前回靴下のブロッキングをしたときに、お試しで片方だけ水通しをしたことがありますが、今回は編み直しの毛糸で編んだネックウォーマーをまるごと水通し&ブロッキングをしてみようと思いました。その結果は?

入院の準備と手続きの流れ 一番心配な費用のことなど

6.7年前、虫垂炎で発熱し、救急車で運ばれたことがあります。 そのときは、運ばれて即入院となったのですが、 普通は手術や治療の必要があっての入院ということになります。 今回の突発性難聴の場合は、救急車の必要はなかったものの、かなり緊急の入院となりました。 自分の体験を踏まえて、入院の準備と入院当日の手続きの流れについて書いておきたいと思います。

突発性難聴はどういう症状だったか?治療の効果は?経過報告です

私の場合の突発性難聴は、耳鳴りだけでめまいはありませんでした。 もしめまいがあったら仕事に差し障りがあるので、すぐにでも耳鼻科に駆け込んだかもしれません。 最初は、「シャー」っというホワイトノイズのような音がずっと続き、その音だけが気になっていたのですが、音をうるさく感じるあまり、聞こえが悪くなっているということにしばらく気がつきませんでした。 それで、良い方の左耳を指でふさいで右だけでテレビの音声を聞くようにしてみると、「音」は聴こえるけれど、「言葉」が聞き取りづらい。相当聴力が落ちていることに、そこで初めて気が付くわけです。 入院して、実際に点滴治療が始まってから、隣のベッドの見舞客の会話を右の聞こえの悪い方の耳で聞いてみると、最初の頃は機械音のようで、カサカサ音はするけど言葉は拾えない、という状態でした。

突発性難聴で即入院!突然の発症と原因を探る 体験報告です

「突発性難聴」とその後診断されることになった症状を発症して、丁度一週間になります。 入院中のリアルタイム報告をまとめておきたいと 思います。 あるとき、いつもの耳なりと少し違う「シャー」 という音が聞こえるようになりました。 時々起こる 耳鳴りは「キーン」という音で、すぐおさまります。 でも 今回の耳鳴りは「シャー」っという音で、止むことがなかった のです。 その状態に気がついた日は、一週間の中でも一番忙しい日で、音がするだけでめまいなどはなく、大したことはないと 都合よく考えて ました。