アフガン編みはダブルフックが面白い!グルグル編むだけでできるものは?


↑太目の毛糸と細いタコ糸の2種類の糸で編みました

アフガン編みは片側だけにフックのついているシングルフックで編む普通のアフガン編みも十分面白いけど、針の両端に同じ号数のフックがついているダブルフックアフガン針で編む編地は、手編みそのものの可能性も広がるような楽しさがあります。

特に、グルグル編んでいくだけで筒状になるので、棒針で言ったら「輪針」のように使い方も簡単!

ネックウォーマーや靴下(一部は離れますが)、そして今回のような一番シンプルなペットボトルカバーなど、グルグル編みたいもののリストが増えて困るほどです!

アフガンのシングルフックとダブルフックの違いは?

アフガン編みは、一番シンプルなプレーンアフガンがまるで畳の目のように見えるのが特徴的な編地です。

個人的にはこのプレーンが一番好き♪
20代の頃に通っていたニットスクールでカリキュラムの中に入っていたのが、アフガン編みとの初めての出会いでした。

長い針の片側がかぎ針のようになっていて、もう片方は棒針のようになっていたのを覚えています。

その頃はダブルフックなんてありませんでした。

ダブルフックの良さは、
グルグル筒状に編めること。
簡単にリバーシブルっぽい模様が編めること。
短い針でも幅広の大きなものが編めること。
かぎ針編みと同じようにモバ編みにも最適。

グルグル編むダブルアフガン編みのやり方は、こちらをみると一発でわかりますよ↓


↑ペットボトルの容量は350mlのもの。適当なサイズで作ったのだけど、ペットボトルのカバーにちょうどよかったのでときどき使っています。


↑林ことみさんの「アフガン編みいろいろ」が私の編み物再開のきっかけの一つになりました。

アフガン編みの特徴とは?

アフガン編み全般の特徴としては、編地の伸縮が少ないわりに(?)かぎ針編みほど編地が密にならないこと。

ということは、かぎ針編みより空気感があるので、糸の種類を選べばウェアものにもいいと思います。私のお勧めはジャケット類かな・・?

ただし厚みはある程度出るので、コート下に着るセーターなどにするには細めの糸で編むと布帛のようなしなやかさが期待できるのではないか、と(まだ実践はしていないのですが)想像してしまいます^^;

あと、かぎ針編みほど小回りは利かないかもしれませんが、小物類にはとても適していると言えますね。


↑私が持っているダブルアフガン針は短いタイプです。これは携帯に便利^^

さいごに

ニットスクールで初めて編んだアフガン編みの作品は、ラップ式のたっぷりしたジャケットでした。ブルーグレーとベージュの2色を使って、たしか交差編みの太いストライプの模様にしたと思います。

衿はダブルのへちまカラーにしたので、すごく暖かかったのを覚えています。毛糸の太さは並太より少しだけ太かったような・・?でも、甘撚りの糸だったので着た感じはとてもふんわりしていましたね。

と、ここまで書いてきたら、アフガン編みで大物を編んでみたくなりました^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする