編み物一覧

バスケット編みを初体験 編み方の特徴とちょっとしたコツとは?

このブログでは、趣味として再開した編み物に関するいろいろな技法を体験して、それらを備忘録のように残しておきたいとも思っています。 今までの経験を書くこともあるのですが、初めて体験することをどんどん増やしていきたいという気持ちも強いんですね。 ちょっと面倒だと思ってやり残していたことも、できるだけ積極的にやってみることで、自分の視野を広げたいという意味もあります。 今回は、もう何年も前から興味はあったのですが、難しそうなので手を出せなかったバスケット編みに、初めて挑戦してみることにしました。

手編みカーディガンのボタンホールの作り方 簡単できれいに見える方法は?

手編みのカーディガンや前開きベストにボタンをつけるとき、ボタンホールをつくらなければなりません。 でも、これがけっこう面倒なんですね。 前立てをつくるときに最初から位置を決めておいて、その場所に編みながら穴をあける方法もありますが、あとで場所の修正ができないので次第にその方法は使わなくなりました。 今回は、これだけ覚えればカーディガンでもベストでも、簡単にボタンホールをできて、しかもきれいに見える方法をご紹介します。

ニット男子が激増中!?手編み好きの男性が作る作品とは?

今、編み物をする男性の人口ってどのくらいあるのでしょうね? 芸能人など、著名な人もいるようですが、潜在的にはかなりいるような気がします。 ちょっと古いところでは、 橋本治さんのニット本「橋本治の手トリ足トリ」という有名な本がありました。 初版は1983年ですが、発売後すぐ購入した記憶があります。 すでに手元にはありませんが、編み込みの裏糸の始末が大変そうで、見ているだけでため息をついた思い出が。。

セリアの毛糸でケストラーのスパイラルソックスを編んでみた

セリアで可愛らしい「カラフルソーダ」(ネーミングがピッタリ!)という糸を買って、ベルンド・ケストラーさんの”スパイラルソックス”というのを編んでみました。 これが、ふつうのソックスのようにかかとの部分で引き返し編みなどしなくて済むのと、カタチがなんだか可愛らしいのが気に入って、編み始めたのでした。

タータンチェック柄のおすすめニットはマフラー!編み図も簡単あとは刺すだけ?

今はあまり見かけなくなったかも知れませんが、タータンチェックがとても自然に出来上がるニットの技法があります。色の組み合わせが楽しいし、マフラーにピッタリで、ずいぶん編んだことがありました。 何本か編んだマフラーの一つに今年の始め頃再会し、懐かしさに思わず歓声をあげてしまいました。 久しぶりに会った友人が私に見せるために?身に着けてきてくれたのでした。