編み物一覧

毛糸の糸巻き 身近なものを使って簡単にできる玉巻きの方法とは?

最近の毛糸類は玉巻きの状態で売っているものがほとんどなので、枷繰り器も玉巻器も必要ないかもしれませんね。 でも、以前は編み物をする多くの人は枷繰り器も玉巻き器も持っていたのではないでしょうか。 セーターをリサイクルするためにほどいたあと、いったん毛糸を湯に通して干してからは、どうしても巻き直すことになりますから。 今回は、枷の状態の毛糸やちょっとした残り毛糸を、身近なものを使って玉巻きする方法をご紹介します。

編み物の楽しみ 糸を引き揃えてオリジナルヤーンを作ろう!

残り糸で小物を作るのもオリジナルだけど、 糸そのものも、手元にある残り糸で組合せを試してみると、オリジナルな糸を作ることができますよ。 大体2本取り以上の糸を一緒に編んでいくだけなのですが、糸の組み合わせによっては風合いが増したり、立体感が出たり、反対色を合わせるとポップな感じになったりして、楽しめます。糸遊びです^^

毛糸の種類によって編みやすさは変わる ループヤーン格闘記?!

先日から叔母のために編んでいるベスト。 細いループヤーンなのですが、思いのほか色が濃いので編み目を読むのが大変なことになっています。 まず、ゲージをとる段階で目数や段数が正確に数えられない^^; 間違った部分をほどこうとしても、なかなかスムーズにほどけない。 その原因が、芯糸の部分を編むのではなくて芯の部分にからみついている「ループ」の輪っかに針を入れて編んでしまっていたり、ということがありました。

アクリルたわしはシンプルが一番 かぎ針で簡単に作れて手放せない便利グッズです!

アクリルたわしが登場してもてはやされたのは、いつ頃からだったでしょうか。 その頃は、なぜアクリルたわしで汚れが取れるの?と思ったものでしたが、今では私の生活に欠かせないものになりました。 まず、自分の手で作れるということ。しかも作り方は簡単! 最初の頃はわざわざ手芸店まで行ってハマナカのアクリル100%のものを買ってきていましたが、今では百円ショップで簡単に手に入るようになりました。

簡単便利な手編みひもの作り方 手作り小物は細部にこだわる?!

よく残り糸を利用して小さな袋物を作るのですが、最後のひも選びに時間を取られることが多いんですね。 本当に小さな巾着袋などは市販のタコ糸が便利で、細いタコ糸なら2本取りにしたりして袋の大きさとのバランスを考えます。 でも、編み物を再開してから棒針で編むひもの作り方がいくつかあることを知りました。今回はその中から簡単なひもの作り方をご紹介します。

ループヤーンは編みにくいけど表と裏の表情の違いが魅力的です

来年卒寿を迎える叔母に部屋着用のベストを編もうと、先日からデザインを考えていました。 と言っても、自分で考えるというより、無料の編み図を探していたという方が当たっていますが。。 毛糸の太さは全然違いますが、今回はこんな感じで作ってみようかと思っています。

棒針編みはアメリカ式でもフランス式でも早くきれいに編めればOK?

たしか5歳くらいのときに、祖母の腰にまつわりついて、祖母が細い棒針を使って中細くらいの糸で何か編んでいるのを見ていたことがあります。 そのとき、祖母に頼み込んで編み方をおしえてもらいました。 多分その頃から私はアメリカ式の糸のかけ方をしているようです。

ドミノ編みを棒針で試してみた 編地の安定感はガーター編みのせい?

ドミノ編みの本を見たのはずいぶん昔になりますが、その頃は編み物から離れていたときだったので、興味はあっても編むことはありませんでした。 今回初めてドミノ編みの基本を編んでみて、基本の編地がガーター編みだということを知りました。ということは、編地が安定しているということ。 反面、編地が厚くなるので着るものには不向きなのでは?という疑問が。。

かぎ針編みで つくるラリエットは素材を変えるだけでこんなにも違う!?

林ことみさんの「エストニアで習ったレース」という本の中から「トライアングルラリエット」を編んでみました。 素材によっても、糸の太さによっても、出来上がりが全く違います。 アクセサリーとして使わないときは、モビールみたいに部屋の飾りにもなりそうな、遊べる要素がたくさんあるラリエットを楽しんでみませんか?